HOME >> 癒しフェアOSAKA
instagram

出演者情報

白石 泰三 & 野引 香里

白石 泰三 & 野引 香里

パラレルワールドの記憶を持ち帰った臨死体験作家・白石泰三と「使ってナンボのスピリチュアル」を提言する声優・ナレーターの野引香里が語る『この世界のカラクリ』

作家/脚本家/講演家/施術家
声優・ナレーター/俳協所属/道開きのカウンセラー

【無料講演】6/6(土)12:30~13:30日程
【有料ワークショップ】6/6(土)15:00~16:30日程

【白石 泰三(しらいし たいぞう)/プロフィール】
 
白石 泰三
 
作家/脚本家/講演家/施術家
ホテルマンからバーテンダーに転身し10年が過ぎた頃、人生を見つめなおして作家になると決意。
多額の借金を抱え店を閉めて7か月後、ほんとに作家デビュー。
 
デビュー作『電波妻』(ヒカルランド)は、発売から3週間で4刷出来、アマゾンランキングで1位を獲得。
 
借金、失業、離婚のどん底人生を脱し、ついに夢の印税生活!……はさすがに甘かった。
交通事故により4日間の意識不明となり生死をさ迷う。
 
人生終わったかに見えたが、奇跡のようなシンクロニシティが連発。
体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
 
さらにこのとき、別のパラレルワールドの記憶を持ち帰り、「UFOに拉致される」、「龍神に助けられる」、「未来のビジョンを見る」といった不思議な体験をしたことによって意識に大変革を起こす。
この世界は自分の意識で思い通りになると知る。
 
その後、実体験をもとに書いたスピリチュアル小説『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)を出版。
読者からは「読後に何かが覚醒した」という感想が多数寄せられている。
 
著作の他、トークイベントやセミナーを通じて「この世のカラクリ」を伝えている。
トークは「凄まじくわかりやすく笑える」と大好評(本人談)。
 
また、脚本家としても活動を開始。
日本神話をモチーフにしたダークファンタジー『天照道成舞降』の舞台脚本を手掛ける。
舞台はニューヨーク・オフブロードウェイでも公演され好評を博す。
現在、MBS製作の番組『声優が語る怖い話』のシリーズ構成を担当。
 
特技はイメージした映像を相手の潜在意識に送り、精神的・肉体的に変化させることができる。
その特技を活かし、今年からは施術や個人セッションも一般公開している。
 
今後さらなる世界的な活躍が注目されている(本人談)。
 
妻は声優・ナレーター/道開きのカウンセラーの野引香里。
見えない世界と繋がるのが得意だが、実用的なこと以外であまり活用することはない。
 
●白石泰三オフィシャルHP
https://taizoparallel.com/
 
●白石泰三オフィシャルブログ
「決断も行動もできなかったあの頃のぼくに伝えたい話」
https://ameblo.jp/drfg2nd
 
●ツイッター
@taizofeelgood
https://twitter.com/taizofeelgood
 
【野引 香里(のびき かおり)/プロフィール】
 
使ってナンボのスピリチュアルを提唱する声優・ナレーター
野引香里

 
野引 香里
 
声優・ナレーター 俳協所属 道開きのカウンセラー
 
「SMAP×SMAP」「テレビチャンピオン」など各局の番組ナレーション、商業施設や駅構内のアナウンス、カーナビ音声、吹き替え、ゲーム、アニメなどを担当。
 
鳥取県出身。
ご先祖が江戸時代に海に漂流していた「なにか」を引き揚げ、御神体として山に奉納して神社をつくった。
御神体を海から「野」に「引」きあげたので野引という姓を持つ。
 
スピリチュアルに興味のない努力型の人間だったはずなのに、あるときから使えるものはすべて使おうと不思議な力を駆使する方向へシフトする。
その甲斐あって努力型から棚ぼた型へ。
 
見ようと思えばいろいろなものが見えたり聞こえたりするも、あまり見ようとは思わない。
不思議なだけのスピリチュアルよりも、使ってナンボのスピリチュアルを提言したい。
が、強いなにかをキャッチすると突然ペラペラとわけの分からないことを喋り出すときもある。
 
夫は作家の白石泰三。
初めて会ったとき、何もかもがタイプではないがいずれお付き合いするだろうと直感で悟る。
そしてお付き合いすることになった5時間後に相手が交通事故で臨死体験するという波乱の幕開けを綴った、白石泰三著『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)では執筆協力もしている。
 
コミカルなテンポで随所に毒が散りばめられたブログは中毒性が高いともっぱらの評判だ。
 
野引香里オフィシャルブログ ノビッキ
https://ameblo.jp/nobiki-kaori/
 
所属事務所プロフィール
https://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12078

【無料講演】あの世とパラレルワールドを体験してわかった『この世界のカラクリ』

臨死体験をし、さらには「別のパラレルワールド」の記憶を持ってこの世界に帰ってきたことで、ぼくの世界はこれまでとは一変しました。
『この世界のカラクリ』とは、実は拍子抜けするほどシンプルなもの。一見、現実とも思えるこの世界は、あなたの『意識』で具象化されているに過ぎません。
ぼくはこのカラクリがわかったおかげで、これまでの悩みと苦しみに支配された世界から、豊かさに溢れた世界へと書き換えることができました。
つまりは「望むパラレルワールドへの移行」です。
 
この世のあらゆる謎について、実際にぼくの身に起きた体験をもとに語ります。
また今回は、ぼくの実体験をもとに書いた小説『パラレルワールドで待ち合わせ』の中で、「少し先の未来がわかる女性」として登場する天野里香のモデルであり、妻の野引香里さんとのコラボトーク。
 
最近、彼女が見えない世界と繋がって知った『別に死ななくてもわかるこの世界のカラクリ』についてもお話しします。
また「私、転機がきてるかも」という方たちのために『2020年からうまくいく生き方』をお伝えします。
毎年のように「時代の変革」と誰もが口にしますが、なぜそう言われるのか?実際のところどうなのか?
ぼくたちが実際に実践していること、意識していることを交え、その秘密をお伝えします。
 
笑いと驚きと新たな気づきに満ちた60分、ご来場お待ちしてます。
 
●あの世の世界、、そして人が死なない理由とは?
●望むパラレルワールドへの移行とは?
●誰も口にしない『この世界のカラクリ』とは?
●転機が来てる人専用 2020年からの生き方
 
日時:6/6(土)12:30~13:30
参加費:無料
会場:癒しフェア大阪会場内

【有料ワークショップ】あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールドに移行する法

パラレルワールドの記憶をこの世界に持ち帰った臨死体験者。交通事故により4日間の意識不明となり、生死をさ迷いながら、体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
このときの不思議な体験によって意識に大変革を起こした白石泰三と、時をほぼ同じくして何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里。
今の地球上とは違う視点を持つ二人による『この世界のカラクリ』の話!
 
「もしも、怖れや不安を抱えた世界を書き換えることが出来たなら……」
そんな妄想をしたことが、誰しもあるのではないでしょうか?
 
パラレルワールド(並行世界)は、SFやファンタジーだけでなく、実際に自在に移行できる、いや誰もが常に移行しながら生きています。
ちょっと意識を変えるだけで、豊かさに満ち溢れた世界にもなれば、また逆に、絶望ルートの世界ににだってなります。
 
「今あなたがいる世界」から、「あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと移行するためには、ほんの少し意識を書き換えるだけでいいのです。
 
ええ、ぼくのようにわざわざ死にかけなくても誰にでも簡単に出来ることです。
 
今あなたがいる世界を「最高の未来が待つパラレルワールド」へと移行させるとっておきのコツをお伝えします。
何も難しいことはありません。ワークショップ終了後には、きっとあなたはごく自然に「“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと一歩踏み出していることと思います。
 
また今回は、2020年からのおすすめのパラレルワールドの設定方法を特別に伝授。
今、世界がどのように動いているか?「時代の変革」と言われたところで抽象的な説明のままでは意識のしようがありません。
ワークショップでは、実例をもとに説明しますので、リアルに時代の変革を実感していただきます。
時間の都合で無料講演では語られなかった部分もお伝えします。
 
ワークショップの最後には、プロのナレーター・野引香里の誘導瞑想によって望む世界を具象化させるお手伝いをします。
『あなたが望む未来』を意識下にしっかりインストールしてお持ち帰りいただきます。
 
この世界のカラクリを体を張って知った白石泰三と、何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里による特別ワークショップです。
あなたが決めた未来でお会いしましょう。
 
【ワークショップであつかうテーマ(一部)】
●望むパラレルワールドに移行するとは?
●時間の流れを操る法
●後悔と不安に縛られた絶望ルートに行かない法
●望むパラレルワールドを自分で創る
●2020年専用 パラレルワールド設定法:お金・仕事編
●2020年専用 パラレルワールド設定法:パートナー・人間関係編
●望む世界を具象化させる誘導瞑想
 
日時:6/6(土)15:00~16:30
参加費:3,000円(税込)
会場:癒しフェア大阪会場内
 

一覧を見る

ゲスト

白石 泰三 & 野引 香里

白石 泰三 & 野引 香里

パラレルワールドの記憶を持ち帰った臨死体験作家・白石泰三と「使ってナンボのスピリチュアル」を提言する声優・ナレーターの野引香里が語る『この世界のカラクリ』

作家/脚本家/講演家/施術家
声優・ナレーター/俳協所属/道開きのカウンセラー

【無料講演】6/6(土)12:30~13:30日程
【有料ワークショップ】6/6(土)15:00~16:30日程

【白石 泰三(しらいし たいぞう)/プロフィール】
 
白石 泰三
 
作家/脚本家/講演家/施術家
ホテルマンからバーテンダーに転身し10年が過ぎた頃、人生を見つめなおして作家になると決意。
多額の借金を抱え店を閉めて7か月後、ほんとに作家デビュー。
 
デビュー作『電波妻』(ヒカルランド)は、発売から3週間で4刷出来、アマゾンランキングで1位を獲得。
 
借金、失業、離婚のどん底人生を脱し、ついに夢の印税生活!……はさすがに甘かった。
交通事故により4日間の意識不明となり生死をさ迷う。
 
人生終わったかに見えたが、奇跡のようなシンクロニシティが連発。
体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
 
さらにこのとき、別のパラレルワールドの記憶を持ち帰り、「UFOに拉致される」、「龍神に助けられる」、「未来のビジョンを見る」といった不思議な体験をしたことによって意識に大変革を起こす。
この世界は自分の意識で思い通りになると知る。
 
その後、実体験をもとに書いたスピリチュアル小説『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)を出版。
読者からは「読後に何かが覚醒した」という感想が多数寄せられている。
 
著作の他、トークイベントやセミナーを通じて「この世のカラクリ」を伝えている。
トークは「凄まじくわかりやすく笑える」と大好評(本人談)。
 
また、脚本家としても活動を開始。
日本神話をモチーフにしたダークファンタジー『天照道成舞降』の舞台脚本を手掛ける。
舞台はニューヨーク・オフブロードウェイでも公演され好評を博す。
現在、MBS製作の番組『声優が語る怖い話』のシリーズ構成を担当。
 
特技はイメージした映像を相手の潜在意識に送り、精神的・肉体的に変化させることができる。
その特技を活かし、今年からは施術や個人セッションも一般公開している。
 
今後さらなる世界的な活躍が注目されている(本人談)。
 
妻は声優・ナレーター/道開きのカウンセラーの野引香里。
見えない世界と繋がるのが得意だが、実用的なこと以外であまり活用することはない。
 
●白石泰三オフィシャルHP
https://taizoparallel.com/
 
●白石泰三オフィシャルブログ
「決断も行動もできなかったあの頃のぼくに伝えたい話」
https://ameblo.jp/drfg2nd
 
●ツイッター
@taizofeelgood
https://twitter.com/taizofeelgood
 
【野引 香里(のびき かおり)/プロフィール】
 
使ってナンボのスピリチュアルを提唱する声優・ナレーター
野引香里

 
野引 香里
 
声優・ナレーター 俳協所属 道開きのカウンセラー
 
「SMAP×SMAP」「テレビチャンピオン」など各局の番組ナレーション、商業施設や駅構内のアナウンス、カーナビ音声、吹き替え、ゲーム、アニメなどを担当。
 
鳥取県出身。
ご先祖が江戸時代に海に漂流していた「なにか」を引き揚げ、御神体として山に奉納して神社をつくった。
御神体を海から「野」に「引」きあげたので野引という姓を持つ。
 
スピリチュアルに興味のない努力型の人間だったはずなのに、あるときから使えるものはすべて使おうと不思議な力を駆使する方向へシフトする。
その甲斐あって努力型から棚ぼた型へ。
 
見ようと思えばいろいろなものが見えたり聞こえたりするも、あまり見ようとは思わない。
不思議なだけのスピリチュアルよりも、使ってナンボのスピリチュアルを提言したい。
が、強いなにかをキャッチすると突然ペラペラとわけの分からないことを喋り出すときもある。
 
夫は作家の白石泰三。
初めて会ったとき、何もかもがタイプではないがいずれお付き合いするだろうと直感で悟る。
そしてお付き合いすることになった5時間後に相手が交通事故で臨死体験するという波乱の幕開けを綴った、白石泰三著『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)では執筆協力もしている。
 
コミカルなテンポで随所に毒が散りばめられたブログは中毒性が高いともっぱらの評判だ。
 
野引香里オフィシャルブログ ノビッキ
https://ameblo.jp/nobiki-kaori/
 
所属事務所プロフィール
https://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12078

【無料講演】あの世とパラレルワールドを体験してわかった『この世界のカラクリ』

臨死体験をし、さらには「別のパラレルワールド」の記憶を持ってこの世界に帰ってきたことで、ぼくの世界はこれまでとは一変しました。
『この世界のカラクリ』とは、実は拍子抜けするほどシンプルなもの。一見、現実とも思えるこの世界は、あなたの『意識』で具象化されているに過ぎません。
ぼくはこのカラクリがわかったおかげで、これまでの悩みと苦しみに支配された世界から、豊かさに溢れた世界へと書き換えることができました。
つまりは「望むパラレルワールドへの移行」です。
 
この世のあらゆる謎について、実際にぼくの身に起きた体験をもとに語ります。
また今回は、ぼくの実体験をもとに書いた小説『パラレルワールドで待ち合わせ』の中で、「少し先の未来がわかる女性」として登場する天野里香のモデルであり、妻の野引香里さんとのコラボトーク。
 
最近、彼女が見えない世界と繋がって知った『別に死ななくてもわかるこの世界のカラクリ』についてもお話しします。
また「私、転機がきてるかも」という方たちのために『2020年からうまくいく生き方』をお伝えします。
毎年のように「時代の変革」と誰もが口にしますが、なぜそう言われるのか?実際のところどうなのか?
ぼくたちが実際に実践していること、意識していることを交え、その秘密をお伝えします。
 
笑いと驚きと新たな気づきに満ちた60分、ご来場お待ちしてます。
 
●あの世の世界、、そして人が死なない理由とは?
●望むパラレルワールドへの移行とは?
●誰も口にしない『この世界のカラクリ』とは?
●転機が来てる人専用 2020年からの生き方
 
日時:6/6(土)12:30~13:30
参加費:無料
会場:癒しフェア大阪会場内

【有料ワークショップ】あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールドに移行する法

パラレルワールドの記憶をこの世界に持ち帰った臨死体験者。交通事故により4日間の意識不明となり、生死をさ迷いながら、体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
このときの不思議な体験によって意識に大変革を起こした白石泰三と、時をほぼ同じくして何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里。
今の地球上とは違う視点を持つ二人による『この世界のカラクリ』の話!
 
「もしも、怖れや不安を抱えた世界を書き換えることが出来たなら……」
そんな妄想をしたことが、誰しもあるのではないでしょうか?
 
パラレルワールド(並行世界)は、SFやファンタジーだけでなく、実際に自在に移行できる、いや誰もが常に移行しながら生きています。
ちょっと意識を変えるだけで、豊かさに満ち溢れた世界にもなれば、また逆に、絶望ルートの世界ににだってなります。
 
「今あなたがいる世界」から、「あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと移行するためには、ほんの少し意識を書き換えるだけでいいのです。
 
ええ、ぼくのようにわざわざ死にかけなくても誰にでも簡単に出来ることです。
 
今あなたがいる世界を「最高の未来が待つパラレルワールド」へと移行させるとっておきのコツをお伝えします。
何も難しいことはありません。ワークショップ終了後には、きっとあなたはごく自然に「“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと一歩踏み出していることと思います。
 
また今回は、2020年からのおすすめのパラレルワールドの設定方法を特別に伝授。
今、世界がどのように動いているか?「時代の変革」と言われたところで抽象的な説明のままでは意識のしようがありません。
ワークショップでは、実例をもとに説明しますので、リアルに時代の変革を実感していただきます。
時間の都合で無料講演では語られなかった部分もお伝えします。
 
ワークショップの最後には、プロのナレーター・野引香里の誘導瞑想によって望む世界を具象化させるお手伝いをします。
『あなたが望む未来』を意識下にしっかりインストールしてお持ち帰りいただきます。
 
この世界のカラクリを体を張って知った白石泰三と、何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里による特別ワークショップです。
あなたが決めた未来でお会いしましょう。
 
【ワークショップであつかうテーマ(一部)】
●望むパラレルワールドに移行するとは?
●時間の流れを操る法
●後悔と不安に縛られた絶望ルートに行かない法
●望むパラレルワールドを自分で創る
●2020年専用 パラレルワールド設定法:お金・仕事編
●2020年専用 パラレルワールド設定法:パートナー・人間関係編
●望む世界を具象化させる誘導瞑想
 
日時:6/6(土)15:00~16:30
参加費:3,000円(税込)
会場:癒しフェア大阪会場内
 

癒しフェアinOSAKA

出演者情報

白石 泰三 & 野引 香里

白石 泰三 & 野引 香里

パラレルワールドの記憶を持ち帰った臨死体験作家・白石泰三と「使ってナンボのスピリチュアル」を提言する声優・ナレーターの野引香里が語る『この世界のカラクリ』

作家/脚本家/講演家/施術家
声優・ナレーター/俳協所属/道開きのカウンセラー

【無料講演】6/6(土)12:30~13:30日程
【有料ワークショップ】6/6(土)15:00~16:30日程

【白石 泰三(しらいし たいぞう)/プロフィール】
 
白石 泰三
 
作家/脚本家/講演家/施術家
ホテルマンからバーテンダーに転身し10年が過ぎた頃、人生を見つめなおして作家になると決意。
多額の借金を抱え店を閉めて7か月後、ほんとに作家デビュー。
 
デビュー作『電波妻』(ヒカルランド)は、発売から3週間で4刷出来、アマゾンランキングで1位を獲得。
 
借金、失業、離婚のどん底人生を脱し、ついに夢の印税生活!……はさすがに甘かった。
交通事故により4日間の意識不明となり生死をさ迷う。
 
人生終わったかに見えたが、奇跡のようなシンクロニシティが連発。
体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
 
さらにこのとき、別のパラレルワールドの記憶を持ち帰り、「UFOに拉致される」、「龍神に助けられる」、「未来のビジョンを見る」といった不思議な体験をしたことによって意識に大変革を起こす。
この世界は自分の意識で思い通りになると知る。
 
その後、実体験をもとに書いたスピリチュアル小説『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)を出版。
読者からは「読後に何かが覚醒した」という感想が多数寄せられている。
 
著作の他、トークイベントやセミナーを通じて「この世のカラクリ」を伝えている。
トークは「凄まじくわかりやすく笑える」と大好評(本人談)。
 
また、脚本家としても活動を開始。
日本神話をモチーフにしたダークファンタジー『天照道成舞降』の舞台脚本を手掛ける。
舞台はニューヨーク・オフブロードウェイでも公演され好評を博す。
現在、MBS製作の番組『声優が語る怖い話』のシリーズ構成を担当。
 
特技はイメージした映像を相手の潜在意識に送り、精神的・肉体的に変化させることができる。
その特技を活かし、今年からは施術や個人セッションも一般公開している。
 
今後さらなる世界的な活躍が注目されている(本人談)。
 
妻は声優・ナレーター/道開きのカウンセラーの野引香里。
見えない世界と繋がるのが得意だが、実用的なこと以外であまり活用することはない。
 
●白石泰三オフィシャルHP
https://taizoparallel.com/
 
●白石泰三オフィシャルブログ
「決断も行動もできなかったあの頃のぼくに伝えたい話」
https://ameblo.jp/drfg2nd
 
●ツイッター
@taizofeelgood
https://twitter.com/taizofeelgood
 
【野引 香里(のびき かおり)/プロフィール】
 
使ってナンボのスピリチュアルを提唱する声優・ナレーター
野引香里

 
野引 香里
 
声優・ナレーター 俳協所属 道開きのカウンセラー
 
「SMAP×SMAP」「テレビチャンピオン」など各局の番組ナレーション、商業施設や駅構内のアナウンス、カーナビ音声、吹き替え、ゲーム、アニメなどを担当。
 
鳥取県出身。
ご先祖が江戸時代に海に漂流していた「なにか」を引き揚げ、御神体として山に奉納して神社をつくった。
御神体を海から「野」に「引」きあげたので野引という姓を持つ。
 
スピリチュアルに興味のない努力型の人間だったはずなのに、あるときから使えるものはすべて使おうと不思議な力を駆使する方向へシフトする。
その甲斐あって努力型から棚ぼた型へ。
 
見ようと思えばいろいろなものが見えたり聞こえたりするも、あまり見ようとは思わない。
不思議なだけのスピリチュアルよりも、使ってナンボのスピリチュアルを提言したい。
が、強いなにかをキャッチすると突然ペラペラとわけの分からないことを喋り出すときもある。
 
夫は作家の白石泰三。
初めて会ったとき、何もかもがタイプではないがいずれお付き合いするだろうと直感で悟る。
そしてお付き合いすることになった5時間後に相手が交通事故で臨死体験するという波乱の幕開けを綴った、白石泰三著『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)では執筆協力もしている。
 
コミカルなテンポで随所に毒が散りばめられたブログは中毒性が高いともっぱらの評判だ。
 
野引香里オフィシャルブログ ノビッキ
https://ameblo.jp/nobiki-kaori/
 
所属事務所プロフィール
https://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12078

【無料講演】あの世とパラレルワールドを体験してわかった『この世界のカラクリ』

臨死体験をし、さらには「別のパラレルワールド」の記憶を持ってこの世界に帰ってきたことで、ぼくの世界はこれまでとは一変しました。
『この世界のカラクリ』とは、実は拍子抜けするほどシンプルなもの。一見、現実とも思えるこの世界は、あなたの『意識』で具象化されているに過ぎません。
ぼくはこのカラクリがわかったおかげで、これまでの悩みと苦しみに支配された世界から、豊かさに溢れた世界へと書き換えることができました。
つまりは「望むパラレルワールドへの移行」です。
 
この世のあらゆる謎について、実際にぼくの身に起きた体験をもとに語ります。
また今回は、ぼくの実体験をもとに書いた小説『パラレルワールドで待ち合わせ』の中で、「少し先の未来がわかる女性」として登場する天野里香のモデルであり、妻の野引香里さんとのコラボトーク。
 
最近、彼女が見えない世界と繋がって知った『別に死ななくてもわかるこの世界のカラクリ』についてもお話しします。
また「私、転機がきてるかも」という方たちのために『2020年からうまくいく生き方』をお伝えします。
毎年のように「時代の変革」と誰もが口にしますが、なぜそう言われるのか?実際のところどうなのか?
ぼくたちが実際に実践していること、意識していることを交え、その秘密をお伝えします。
 
笑いと驚きと新たな気づきに満ちた60分、ご来場お待ちしてます。
 
●あの世の世界、、そして人が死なない理由とは?
●望むパラレルワールドへの移行とは?
●誰も口にしない『この世界のカラクリ』とは?
●転機が来てる人専用 2020年からの生き方
 
日時:6/6(土)12:30~13:30
参加費:無料
会場:癒しフェア大阪会場内

【有料ワークショップ】あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールドに移行する法

パラレルワールドの記憶をこの世界に持ち帰った臨死体験者。交通事故により4日間の意識不明となり、生死をさ迷いながら、体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
このときの不思議な体験によって意識に大変革を起こした白石泰三と、時をほぼ同じくして何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里。
今の地球上とは違う視点を持つ二人による『この世界のカラクリ』の話!
 
「もしも、怖れや不安を抱えた世界を書き換えることが出来たなら……」
そんな妄想をしたことが、誰しもあるのではないでしょうか?
 
パラレルワールド(並行世界)は、SFやファンタジーだけでなく、実際に自在に移行できる、いや誰もが常に移行しながら生きています。
ちょっと意識を変えるだけで、豊かさに満ち溢れた世界にもなれば、また逆に、絶望ルートの世界ににだってなります。
 
「今あなたがいる世界」から、「あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと移行するためには、ほんの少し意識を書き換えるだけでいいのです。
 
ええ、ぼくのようにわざわざ死にかけなくても誰にでも簡単に出来ることです。
 
今あなたがいる世界を「最高の未来が待つパラレルワールド」へと移行させるとっておきのコツをお伝えします。
何も難しいことはありません。ワークショップ終了後には、きっとあなたはごく自然に「“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと一歩踏み出していることと思います。
 
また今回は、2020年からのおすすめのパラレルワールドの設定方法を特別に伝授。
今、世界がどのように動いているか?「時代の変革」と言われたところで抽象的な説明のままでは意識のしようがありません。
ワークショップでは、実例をもとに説明しますので、リアルに時代の変革を実感していただきます。
時間の都合で無料講演では語られなかった部分もお伝えします。
 
ワークショップの最後には、プロのナレーター・野引香里の誘導瞑想によって望む世界を具象化させるお手伝いをします。
『あなたが望む未来』を意識下にしっかりインストールしてお持ち帰りいただきます。
 
この世界のカラクリを体を張って知った白石泰三と、何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里による特別ワークショップです。
あなたが決めた未来でお会いしましょう。
 
【ワークショップであつかうテーマ(一部)】
●望むパラレルワールドに移行するとは?
●時間の流れを操る法
●後悔と不安に縛られた絶望ルートに行かない法
●望むパラレルワールドを自分で創る
●2020年専用 パラレルワールド設定法:お金・仕事編
●2020年専用 パラレルワールド設定法:パートナー・人間関係編
●望む世界を具象化させる誘導瞑想
 
日時:6/6(土)15:00~16:30
参加費:3,000円(税込)
会場:癒しフェア大阪会場内
 

一覧を見る

ゲスト

白石 泰三 & 野引 香里

白石 泰三 & 野引 香里

パラレルワールドの記憶を持ち帰った臨死体験作家・白石泰三と「使ってナンボのスピリチュアル」を提言する声優・ナレーターの野引香里が語る『この世界のカラクリ』

作家/脚本家/講演家/施術家
声優・ナレーター/俳協所属/道開きのカウンセラー

【無料講演】6/6(土)12:30~13:30日程
【有料ワークショップ】6/6(土)15:00~16:30日程

【白石 泰三(しらいし たいぞう)/プロフィール】
 
白石 泰三
 
作家/脚本家/講演家/施術家
ホテルマンからバーテンダーに転身し10年が過ぎた頃、人生を見つめなおして作家になると決意。
多額の借金を抱え店を閉めて7か月後、ほんとに作家デビュー。
 
デビュー作『電波妻』(ヒカルランド)は、発売から3週間で4刷出来、アマゾンランキングで1位を獲得。
 
借金、失業、離婚のどん底人生を脱し、ついに夢の印税生活!……はさすがに甘かった。
交通事故により4日間の意識不明となり生死をさ迷う。
 
人生終わったかに見えたが、奇跡のようなシンクロニシティが連発。
体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
 
さらにこのとき、別のパラレルワールドの記憶を持ち帰り、「UFOに拉致される」、「龍神に助けられる」、「未来のビジョンを見る」といった不思議な体験をしたことによって意識に大変革を起こす。
この世界は自分の意識で思い通りになると知る。
 
その後、実体験をもとに書いたスピリチュアル小説『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)を出版。
読者からは「読後に何かが覚醒した」という感想が多数寄せられている。
 
著作の他、トークイベントやセミナーを通じて「この世のカラクリ」を伝えている。
トークは「凄まじくわかりやすく笑える」と大好評(本人談)。
 
また、脚本家としても活動を開始。
日本神話をモチーフにしたダークファンタジー『天照道成舞降』の舞台脚本を手掛ける。
舞台はニューヨーク・オフブロードウェイでも公演され好評を博す。
現在、MBS製作の番組『声優が語る怖い話』のシリーズ構成を担当。
 
特技はイメージした映像を相手の潜在意識に送り、精神的・肉体的に変化させることができる。
その特技を活かし、今年からは施術や個人セッションも一般公開している。
 
今後さらなる世界的な活躍が注目されている(本人談)。
 
妻は声優・ナレーター/道開きのカウンセラーの野引香里。
見えない世界と繋がるのが得意だが、実用的なこと以外であまり活用することはない。
 
●白石泰三オフィシャルHP
https://taizoparallel.com/
 
●白石泰三オフィシャルブログ
「決断も行動もできなかったあの頃のぼくに伝えたい話」
https://ameblo.jp/drfg2nd
 
●ツイッター
@taizofeelgood
https://twitter.com/taizofeelgood
 
【野引 香里(のびき かおり)/プロフィール】
 
使ってナンボのスピリチュアルを提唱する声優・ナレーター
野引香里

 
野引 香里
 
声優・ナレーター 俳協所属 道開きのカウンセラー
 
「SMAP×SMAP」「テレビチャンピオン」など各局の番組ナレーション、商業施設や駅構内のアナウンス、カーナビ音声、吹き替え、ゲーム、アニメなどを担当。
 
鳥取県出身。
ご先祖が江戸時代に海に漂流していた「なにか」を引き揚げ、御神体として山に奉納して神社をつくった。
御神体を海から「野」に「引」きあげたので野引という姓を持つ。
 
スピリチュアルに興味のない努力型の人間だったはずなのに、あるときから使えるものはすべて使おうと不思議な力を駆使する方向へシフトする。
その甲斐あって努力型から棚ぼた型へ。
 
見ようと思えばいろいろなものが見えたり聞こえたりするも、あまり見ようとは思わない。
不思議なだけのスピリチュアルよりも、使ってナンボのスピリチュアルを提言したい。
が、強いなにかをキャッチすると突然ペラペラとわけの分からないことを喋り出すときもある。
 
夫は作家の白石泰三。
初めて会ったとき、何もかもがタイプではないがいずれお付き合いするだろうと直感で悟る。
そしてお付き合いすることになった5時間後に相手が交通事故で臨死体験するという波乱の幕開けを綴った、白石泰三著『パラレルワールドで待ち合わせ』(サンマーク出版)では執筆協力もしている。
 
コミカルなテンポで随所に毒が散りばめられたブログは中毒性が高いともっぱらの評判だ。
 
野引香里オフィシャルブログ ノビッキ
https://ameblo.jp/nobiki-kaori/
 
所属事務所プロフィール
https://haikyo.co.jp/profile/profile.php?ActorID=12078

【無料講演】あの世とパラレルワールドを体験してわかった『この世界のカラクリ』

臨死体験をし、さらには「別のパラレルワールド」の記憶を持ってこの世界に帰ってきたことで、ぼくの世界はこれまでとは一変しました。
『この世界のカラクリ』とは、実は拍子抜けするほどシンプルなもの。一見、現実とも思えるこの世界は、あなたの『意識』で具象化されているに過ぎません。
ぼくはこのカラクリがわかったおかげで、これまでの悩みと苦しみに支配された世界から、豊かさに溢れた世界へと書き換えることができました。
つまりは「望むパラレルワールドへの移行」です。
 
この世のあらゆる謎について、実際にぼくの身に起きた体験をもとに語ります。
また今回は、ぼくの実体験をもとに書いた小説『パラレルワールドで待ち合わせ』の中で、「少し先の未来がわかる女性」として登場する天野里香のモデルであり、妻の野引香里さんとのコラボトーク。
 
最近、彼女が見えない世界と繋がって知った『別に死ななくてもわかるこの世界のカラクリ』についてもお話しします。
また「私、転機がきてるかも」という方たちのために『2020年からうまくいく生き方』をお伝えします。
毎年のように「時代の変革」と誰もが口にしますが、なぜそう言われるのか?実際のところどうなのか?
ぼくたちが実際に実践していること、意識していることを交え、その秘密をお伝えします。
 
笑いと驚きと新たな気づきに満ちた60分、ご来場お待ちしてます。
 
●あの世の世界、、そして人が死なない理由とは?
●望むパラレルワールドへの移行とは?
●誰も口にしない『この世界のカラクリ』とは?
●転機が来てる人専用 2020年からの生き方
 
日時:6/6(土)12:30~13:30
参加費:無料
会場:癒しフェア大阪会場内

【有料ワークショップ】あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールドに移行する法

パラレルワールドの記憶をこの世界に持ち帰った臨死体験者。交通事故により4日間の意識不明となり、生死をさ迷いながら、体外離脱と臨死体験を経てこの世に生還。
このときの不思議な体験によって意識に大変革を起こした白石泰三と、時をほぼ同じくして何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里。
今の地球上とは違う視点を持つ二人による『この世界のカラクリ』の話!
 
「もしも、怖れや不安を抱えた世界を書き換えることが出来たなら……」
そんな妄想をしたことが、誰しもあるのではないでしょうか?
 
パラレルワールド(並行世界)は、SFやファンタジーだけでなく、実際に自在に移行できる、いや誰もが常に移行しながら生きています。
ちょっと意識を変えるだけで、豊かさに満ち溢れた世界にもなれば、また逆に、絶望ルートの世界ににだってなります。
 
「今あなたがいる世界」から、「あなたが“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと移行するためには、ほんの少し意識を書き換えるだけでいいのです。
 
ええ、ぼくのようにわざわざ死にかけなくても誰にでも簡単に出来ることです。
 
今あなたがいる世界を「最高の未来が待つパラレルワールド」へと移行させるとっておきのコツをお伝えします。
何も難しいことはありません。ワークショップ終了後には、きっとあなたはごく自然に「“ほんとうに”望むパラレルワールド」へと一歩踏み出していることと思います。
 
また今回は、2020年からのおすすめのパラレルワールドの設定方法を特別に伝授。
今、世界がどのように動いているか?「時代の変革」と言われたところで抽象的な説明のままでは意識のしようがありません。
ワークショップでは、実例をもとに説明しますので、リアルに時代の変革を実感していただきます。
時間の都合で無料講演では語られなかった部分もお伝えします。
 
ワークショップの最後には、プロのナレーター・野引香里の誘導瞑想によって望む世界を具象化させるお手伝いをします。
『あなたが望む未来』を意識下にしっかりインストールしてお持ち帰りいただきます。
 
この世界のカラクリを体を張って知った白石泰三と、何の苦労もなくあっさりチャネリングで知った野引香里による特別ワークショップです。
あなたが決めた未来でお会いしましょう。
 
【ワークショップであつかうテーマ(一部)】
●望むパラレルワールドに移行するとは?
●時間の流れを操る法
●後悔と不安に縛られた絶望ルートに行かない法
●望むパラレルワールドを自分で創る
●2020年専用 パラレルワールド設定法:お金・仕事編
●2020年専用 パラレルワールド設定法:パートナー・人間関係編
●望む世界を具象化させる誘導瞑想
 
日時:6/6(土)15:00~16:30
参加費:3,000円(税込)
会場:癒しフェア大阪会場内