HOME >> 癒しフェアOSAKA
instagram

出演者情報

伊東 はなん

伊東 はなん

新時代を牽引する動物業界のジャンヌダルク

一般社団法人動物対話協会代表理事/杉並区動物適正飼養普及員

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】
 
30歳で初めて犬と暮らすという遅咲きペットライフの中で、
動物も人間同様に言葉の通じる生き物であることを知る。
一方で子供時代から動物と暮らしている人でも一緒に暮らしているペットの気持ちが分からない人が多いことを知り、
動物との対話手法を極め、世に広げることを決意。
その技術を教えてくれたのは、他でもない一緒に暮らす犬たちだった。
 
2011年には東日本大震災ボランティア中に現地で保護された子猫を紆余曲折の後にうちの子として迎えると、たちまち人生に欠かすことのできない唯一無二の相棒として成長。
 
犬と暮らしから犬猫との共存を経て、年の近い親子犬たちを毎年のように看取り、改めて「生きること」「死ぬ意味」を正面から受け止める日々の中で、見るべきは見えない世界ではなく、目の前にいる「うちの子」であると痛感。
 
見えない世界に翻弄されるスプリチュアルブームに喝を入れ、
「現実こそがスピリチュアル」と唱え、
特殊能力不用の、誰でもできるペットとの対話手法の啓蒙するため、2016年に一般社団法人動物対話協会を設立。
人と動物の立場の垣根を取り払うために奔走する。
 
伊東はなんは動物対話を通して関わる人にこのように話す。
 
「動物との『真の意味での対話』を体験してください。
彼らこそ現実世界にしっかり根を下ろし、
捕らわれのないまっすぐな視線と思考で
私たちのことを見ていることを知ってください。
そして、彼らの本当の存在意義に気づいたとき、
あなたの人生は大きく好転していることでしょう。」と。
 
『動物対話を真の意味で理解すると人生が変わる』
これは大げさでなく、
伊東はなんから動物対話を学んだ多くの受講生が
今なお変わらず体験している事実である。
 
一般社団法人動物対話協会
https://aada.or.jp
 
伊東はなん個人サイト
http://www.hanan.jp

詳細は決まり次第公開します

一覧を見る

ゲスト

伊東 はなん

伊東 はなん

新時代を牽引する動物業界のジャンヌダルク

一般社団法人動物対話協会代表理事/杉並区動物適正飼養普及員

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】
 
30歳で初めて犬と暮らすという遅咲きペットライフの中で、
動物も人間同様に言葉の通じる生き物であることを知る。
一方で子供時代から動物と暮らしている人でも一緒に暮らしているペットの気持ちが分からない人が多いことを知り、
動物との対話手法を極め、世に広げることを決意。
その技術を教えてくれたのは、他でもない一緒に暮らす犬たちだった。
 
2011年には東日本大震災ボランティア中に現地で保護された子猫を紆余曲折の後にうちの子として迎えると、たちまち人生に欠かすことのできない唯一無二の相棒として成長。
 
犬と暮らしから犬猫との共存を経て、年の近い親子犬たちを毎年のように看取り、改めて「生きること」「死ぬ意味」を正面から受け止める日々の中で、見るべきは見えない世界ではなく、目の前にいる「うちの子」であると痛感。
 
見えない世界に翻弄されるスプリチュアルブームに喝を入れ、
「現実こそがスピリチュアル」と唱え、
特殊能力不用の、誰でもできるペットとの対話手法の啓蒙するため、2016年に一般社団法人動物対話協会を設立。
人と動物の立場の垣根を取り払うために奔走する。
 
伊東はなんは動物対話を通して関わる人にこのように話す。
 
「動物との『真の意味での対話』を体験してください。
彼らこそ現実世界にしっかり根を下ろし、
捕らわれのないまっすぐな視線と思考で
私たちのことを見ていることを知ってください。
そして、彼らの本当の存在意義に気づいたとき、
あなたの人生は大きく好転していることでしょう。」と。
 
『動物対話を真の意味で理解すると人生が変わる』
これは大げさでなく、
伊東はなんから動物対話を学んだ多くの受講生が
今なお変わらず体験している事実である。
 
一般社団法人動物対話協会
https://aada.or.jp
 
伊東はなん個人サイト
http://www.hanan.jp

詳細は決まり次第公開します

  • TOKYO
  • OSAKA
  • NAGOYA
  • KYOSHU

ワークショップ

ワークショップ

癒しフェアinOSAKA

出演者情報

伊東 はなん

伊東 はなん

新時代を牽引する動物業界のジャンヌダルク

一般社団法人動物対話協会代表理事/杉並区動物適正飼養普及員

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】
 
30歳で初めて犬と暮らすという遅咲きペットライフの中で、
動物も人間同様に言葉の通じる生き物であることを知る。
一方で子供時代から動物と暮らしている人でも一緒に暮らしているペットの気持ちが分からない人が多いことを知り、
動物との対話手法を極め、世に広げることを決意。
その技術を教えてくれたのは、他でもない一緒に暮らす犬たちだった。
 
2011年には東日本大震災ボランティア中に現地で保護された子猫を紆余曲折の後にうちの子として迎えると、たちまち人生に欠かすことのできない唯一無二の相棒として成長。
 
犬と暮らしから犬猫との共存を経て、年の近い親子犬たちを毎年のように看取り、改めて「生きること」「死ぬ意味」を正面から受け止める日々の中で、見るべきは見えない世界ではなく、目の前にいる「うちの子」であると痛感。
 
見えない世界に翻弄されるスプリチュアルブームに喝を入れ、
「現実こそがスピリチュアル」と唱え、
特殊能力不用の、誰でもできるペットとの対話手法の啓蒙するため、2016年に一般社団法人動物対話協会を設立。
人と動物の立場の垣根を取り払うために奔走する。
 
伊東はなんは動物対話を通して関わる人にこのように話す。
 
「動物との『真の意味での対話』を体験してください。
彼らこそ現実世界にしっかり根を下ろし、
捕らわれのないまっすぐな視線と思考で
私たちのことを見ていることを知ってください。
そして、彼らの本当の存在意義に気づいたとき、
あなたの人生は大きく好転していることでしょう。」と。
 
『動物対話を真の意味で理解すると人生が変わる』
これは大げさでなく、
伊東はなんから動物対話を学んだ多くの受講生が
今なお変わらず体験している事実である。
 
一般社団法人動物対話協会
https://aada.or.jp
 
伊東はなん個人サイト
http://www.hanan.jp

詳細は決まり次第公開します

一覧を見る

ゲスト

伊東 はなん

伊東 はなん

新時代を牽引する動物業界のジャンヌダルク

一般社団法人動物対話協会代表理事/杉並区動物適正飼養普及員

【伊東 はなん(いとう はなん)/プロフィール】
 
30歳で初めて犬と暮らすという遅咲きペットライフの中で、
動物も人間同様に言葉の通じる生き物であることを知る。
一方で子供時代から動物と暮らしている人でも一緒に暮らしているペットの気持ちが分からない人が多いことを知り、
動物との対話手法を極め、世に広げることを決意。
その技術を教えてくれたのは、他でもない一緒に暮らす犬たちだった。
 
2011年には東日本大震災ボランティア中に現地で保護された子猫を紆余曲折の後にうちの子として迎えると、たちまち人生に欠かすことのできない唯一無二の相棒として成長。
 
犬と暮らしから犬猫との共存を経て、年の近い親子犬たちを毎年のように看取り、改めて「生きること」「死ぬ意味」を正面から受け止める日々の中で、見るべきは見えない世界ではなく、目の前にいる「うちの子」であると痛感。
 
見えない世界に翻弄されるスプリチュアルブームに喝を入れ、
「現実こそがスピリチュアル」と唱え、
特殊能力不用の、誰でもできるペットとの対話手法の啓蒙するため、2016年に一般社団法人動物対話協会を設立。
人と動物の立場の垣根を取り払うために奔走する。
 
伊東はなんは動物対話を通して関わる人にこのように話す。
 
「動物との『真の意味での対話』を体験してください。
彼らこそ現実世界にしっかり根を下ろし、
捕らわれのないまっすぐな視線と思考で
私たちのことを見ていることを知ってください。
そして、彼らの本当の存在意義に気づいたとき、
あなたの人生は大きく好転していることでしょう。」と。
 
『動物対話を真の意味で理解すると人生が変わる』
これは大げさでなく、
伊東はなんから動物対話を学んだ多くの受講生が
今なお変わらず体験している事実である。
 
一般社団法人動物対話協会
https://aada.or.jp
 
伊東はなん個人サイト
http://www.hanan.jp

詳細は決まり次第公開します